企業事例「〇〇な就活」

「就活の変」では、賛同企業による採用活動に自社らしさを取り入れた取り組みを大募集。その背景やねらいに迫ります。

 

株式会社ソリューション

【招待型集客による相互マッチング採用】

株式会社ソリューション

新卒採用において変化させた箇所

私たちは新卒採用において、招待型集客による相互マッチング採用を行っています。大手媒体に一切掲載せず、逆求人型サイトと採用イベントによる直接的な声掛けのみで、母集団を形成しております。また、選考内容は全て実務。選考フローで「半日仕事体験」という選考外のインターンシップを実施し、学生側が様々な実務経験を通じて、会社と自身のマッチングを判断する場を設けています。

なぜその就活を?

【最初の1社目は人生で重要なターニングポイント】 私たちは一人ひとりの人生において、新卒採用で入社する最初の1社目が大きなターニングポイントになると考えています。とりあえず受けて、受かって、内定がもらえたから…そんな就職活動を、この世の中から無くしたい。そのためには企業が意図の分からない面接を行い、一方的に「合格」「不合格」を決めるのではなく、お互いに「この会社で活躍してもらえるか」「この会社で活躍できるか」を判断し合う、相互的なマッチング採用を理想としています。企業として “一人ひとりの人生を背負う”覚悟で新卒社員を受け入れているからこそ、人と向き合うことに妥協しません。

 

シースリーインデックス株式会社

1:1のホンネの就活

シースリーインデックス株式会社

新卒採用において変化させた箇所

まだ企業研究の段階の学生さんとも1:1でお会いし、「どんな事がしてみたいのか?それが弊社で叶うのかか、叶わないのか」など丁寧に話を進めていきます。集団での会社説明会や緊張してしまう面接の場では、なかなか聞きづらいような事もなんでも質問をしてもらうと同時に、こちらも学生のホンネを聞く事ができるので、結果としてミスマッチを防ぐ事ができ、お互いにwin-winの場となっています。

なぜその就活を?

一番の狙いは入社後のギャップ防止。面接では学生側も良いところを見せたいと思ってしまうのは当然。面談の結果「今までぼんやりとしていた自分の理想の働き方が見えてきました」と言ってくれる学生や、中には「話を聞いてみて御社は僕の想像している企業とは異なったようです」と正直にお話ししてくれる学生も出てきました。ミスマッチな事に気づくのが入社後だったら…考えたくないですね。一方、最終的に内定承諾になる学生の承諾率もぐっと上がっています。理由は「自分の事を理解してくれた上で内定をくれた企業だから」遠回りなようですが、入社後の活躍を見据えて採用活動の前に、ゆっくりと学生とお会いできる事が最大のメリットです。

 

生活協同組合コープさっぽろ

"リクルートスーツじゃない"内定式

生活協同組合コープさっぽろ

新卒採用において変化させた箇所

今年の内定式は、全員「ビジネスカジュアル」で! (内部職員も全員です)

なぜその就活を?

これまでの就活は、リクルートスーツが当たり前でしたが、「服装も自分なりに考えて欲しい」という願いから、 「ビジネスカジュアル」とだけ指定して内定者の皆さんなりの服装で参加いただきました。それぞれネット等で調べて着こなしていただき、カッコよかったです!逆に、参加内部職員の方がオドオドしてました。

 

株式会社エムール

内定を出すその時まで志望動機を聞きません

株式会社エムール

新卒採用において変化させた箇所

私たちエムールの新卒採用では内定を出すその時まで志望動機を聞きません。説明会や選考では、会社のビジョンやビジネスモデル、カルチャー、キャリアなど色々な側面を少しずつ切り取って、面学生の皆さんの琴線に触れたポイントを深く掘り下げて説明していきます。はじめて会った日から段々と溜まっていった情報や体験から、フォーマットにあてはめなくても自然と出てくる志望動機が生まれます。

なぜその就活を?

当社には幅広い職務が存在します。そのため、多様な能力と共感できる組織をテーマに採用活動を行っています。この中で特に重要なのは、従業員同士・また組織と個の間で何らかの共感があることだと考えています。志望動機は私たちにとって、その重要な接点の一つです。志望動機は、情報不足だったり、フォーマットに合わせて言語化しようとすると、薄まったり、歪んだり、濁ったりします。選考プロセスを経て、「なんとなくこういうことなんだけど」という粒度でコミュニケーションできる関係性になったとき、語られる志望動機は、働く上でのお互いの道しるべになると考えています。

 

株式会社ゼンショーホールディングス

一人ひとりに向き合う就活

株式会社ゼンショーホールディングス

新卒採用において変化させた箇所

学生一人ひとりとじっくり向き合い、コミュニケーションを重視した選考にこだわっています。3回行われる面接はすべて1対1の個人面接を取り入れています。1時間の面接の中でお互いの考えを共有し、入社に向けてベクトルを合わせていく機会でもあります。 飾らず、素直な気持ちで面接に臨んでいただきたいと考えています。面接終了後には、その場でフィードバックを実施しています。

なぜその就活を?

就職活動は共に働く『仲間探し』の機会でもあります。 だからこそ、お互い等身大の姿で向き合うことが重要と考えています。 コミュニケーションとは、相互理解です。学生の皆さんと企業がお互いに正しく理解しあう事が重要です。 日々忙しく、悩みも多いであろう就活生の皆さんに少しでも心を開いてお話していただけるよう、雰囲気作り、環境作りに努めています。

 

大和ライフネクスト株式会社

ダメ!流され就活。

大和ライフネクスト株式会社

新卒採用において変化させた箇所

一方的な面接に違和感はありませんか? 企業と学生は本来対等な立場であると当社は考えます。

なぜその就活を?

あらかじめ用意された企業側からの質問、学生側からの質問時間は少なく、説明会等だと学生数も多くため、雰囲気からして本音で聞きたい質問ができず、社交辞令的なものになってしまう。やっと個別面接まで進んでも、企業は自分の会社に有益な人材かどうかを判断することに時間を割き、自社が聞きたいことを聞くばかりで、学生にとって良い選択ができるような取り組みも少ない。なんかおかしくないですか?当社は、基本一対一での面談形式。私服でいい、着飾らなくていい。等身大で臨んでもらって、大和ライフネクストが、自分の人生にとって有益なフィールドかどうかをジャッジしてほしい。むしろ学生のみなさんこそが面接官かもしれませんね。

 

株式会社日昇

情報発信をする就活。

株式会社日昇

新卒採用において変化させた箇所

「働く」をイメージしてもらうため、会社の様々な情報をブログやSNSにてできる限り多く公開しています。社員インタビュー・社長からのメッセージ・会社の価値観・会社の日常・携わる業務 etc…。昨年度はブログを年間75本更新しました。上辺だけではないリアルな声を学生に届けています。

なぜその就活を?

学生にはエントリーシートや面接で自己開示を求めるのに、会社からの情報を出し渋るのはおかしいのでは?と思い、3年前よりWEB上での情報発信を強化しました。学生の志望動機が弱いのは、動機形成できるほどの情報を提供できていないからではないでしょうか?どこの企業よりも多く会社の実態や価値観をアウトプットし、賛同してくれる方に届けようと努力しています。 おかげさまで成果が出ています。ブログを初めて以来、計画通りに採用できています。また、内定辞退者ゼロ・退職者ゼロの記録更新中です。【18卒3名入社・19卒3名入社・20卒3名内定】当社を志望する学生の本気度・マッチング度が向上していると実感しています。

弊社ブログ記事の一例【社員インタビュー】https://www.nissho.ehime.jp/single-post/20180919

 

株式会社阪南ビジネスマシン

企業の魅力を自分で見つける就活

株式会社阪南ビジネスマシン

新卒採用において変化させた箇所

2020年卒の採用から取り組み始めました。 説明会に参加して下さった学生さんが能動的に会社の事を知ろうとするので、話も自分事として捉えて考えることができているようです。自分の人生を、自分で切り開く力の1つになっていたら嬉しいです。

なぜその就活を?

私たちが思う自社の魅力を一方的に伝えるだけでは、受け身の情報です。しかも、なかなか本心からの同意は得ることができない。じゃあ、会社の事はあらかたお伝えするので、どこがいいと思ったのか、なぜそう思ったのかを自分たちで発見してもらおうと考えました。会社説明会という名で開催しますが「会社理解の会」と思っています。グループワークで当社の魅力や強みを学生さんから挙げてもらって、発表して頂きます。

 

株式会社アイ・エフ・クリエイト

説明会から最終面接まで同一の人事担当者が同席

株式会社アイ・エフ・クリエイト

なぜその就活を?

学生さんは就活期間の短期間でびっくりするほど成長します。入社後、社会人として変化できるか、環境に合わせた成長ができるかをはかる上では、説明会、1次選考、2次選考でどのように変化していくかを見ることで精度を上げられると考えています。 当社の経営陣は私たち社員の意見も聞き入れてくれるので、”最初は〇〇だったけど△△になってきた”等の本人の変化を伝えることにより内定になる学生さんもたくさんいます。

 

株式会社fun function

本音な就活

株式会社fun function

なぜその就活を?

「就活の変」にあるように、学生が「企業の本音と建前につかれた。学生は偽りの姿しか見せない」ということを、如実に企業側も感じています。そして、その就活は学生や企業にとって価値がないと感じているため、今年から企業から見える学生についての感想を率直に伝える様にしています。具体的には心理テストなどの結果をありのままに開示し、その開示されたものに学生が思うところがあるのかないのかなどを確認しながら、進めています。そのようにして、まずは企業側から本音で話すことで、学生が本音で話せるように試みています。

 

カルビー株式会社

アットホームな就活

カルビー株式会社

なぜその就活を?

弊社は、学生から「とてもアットホームな会社ですね」とよく言われることがあります。1次選考~最終選考まで服装自由、本社の商談ブースで面接を行う、待機場所では少人数で人事担当とざっくばらんにお話できる、などなどカルビーらしい選考を感じていただけているからだと思っています。 もちろん堅苦しいルールに囚われる必要はありませんが、スーツで行きたいという方も中にはいると思います。なのであえて、選考では「服装自由(スーツでも私服でも構いません)」と案内していてます。少しでもご自身らしく臨んでもらえるといいなと思って、日々採用活動を工夫しています。

 

株式会社SAKURUG

フランクな就活

株式会社SAKURUG

新卒採用において変化させた箇所

(ランチ会を通じた、フランクで明るい就活)

なぜその就活を?

就活=ネガティブなイメージがまだ残っています。 SAKURUGではランチ会を通じて、フランクにお話をして頂き、会社を知っていただきたいという想いがあります。 SAKURUGのカルチャーにもある「誰よりも楽しむ」とあるように、就活も楽しんで行ってほしいです。 選考にあたり、明るく楽しい気持ちでお越しいただきたいです!

 

山陽色素株式会社

学生の活動に合わせた就活

山陽色素株式会社

新卒採用において変化させた箇所

当社では、学生一人ひとりの就活への負担を考え、 採用活動解禁前の秋冬1dayインターンシップと 3月以降の会社セミナーを行う場所を増やしました。 本社(兵庫県姫路市)だけでなく、 関東営業所(東京都)、東海工場(静岡県)や、 大阪・京都の会議室なども利用して、 幅広い学生さんとお会いできるようにしています。

なぜその就活を?

元々は本社(兵庫県)のみで開催をしておりましたが、 UIJターンを考えている学生さんもいることから、 開催場所の幅を広げました。 また、企業研究するなら、ホームページを見るよりも、 実際に人事やOBと話をしてもらうことで、 学生が就職した時のビジョンを持つことが出来るのではと考えています。

 

株式会社i-plug

最終面接を迎える学生を対象に営業活動へ同行

株式会社i-plug

新卒採用において変化させた箇所

株式会社i-plugでは、最終面接を迎える学生を対象に営業活動へ同行する取り組みをおこなっております(※希望者のみ)。

なぜその就活を?

実際に先輩社員が働く現場を見ることで、i-plugという会社や仕事への理解を深めることが目的です。採用合否には影響しませんが、学生の方がイメージする仕事像と実際の仕事にギャップがないか確認することをねらいとしています(※同行に参加してもらう場合は、秘密保持等の同意書を結んでおります)。

  • Twitter
  • LINE
  • facebook